Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Latest Entry
Archives
東関東大震災
いつもプサコキッチンをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、皆様には(普段もお待ちいただく事が多いのですが、、、)ご注文からかなりのお時間を頂戴し、お待ちいただく事が多くなってしまいました方々に心からお詫び申し上げると共に、ご協力いただきましたお客様に心からお礼申し上げます。

地震発生からすぐに被災を受けたご連絡先がわかり得る限りの方々や、直に動ける宮古市の現地の知人、被災地の状況を把握し、適所に届けてくださる方々(ありがとうございました)等にご連絡させていただき、(皆様ご承知のように運送関連の混乱で被災地へのご配送がすぐできない状況でした)少量生産な為少しばかりで心苦しさもございましたが、少しでもお役にたてるよう当店よりフードやおやつをお送りさせていただきました。

その現地の方々のお声の一部です。

◆津波をかぶってしまった実家の片付けからくたくたになり、家に帰りましたら、なんとプサコキッチンさんから沢山のワンちゃんのご飯やおやつが届いていました。
実家の惨状にかなり心身ともに疲れていたのですが、頂いたご飯やおやつを見たらうれしくて疲れを忘れるようでした。ずっと私の居ない家で留守番をしていたワンちゃんに最高の御褒美のおやつをあげることができ、本当にうれしかったです。
御近所や妹のワンちゃんたちにも食べてもらいたいと思い、事情をお話して差し上げてきました。みなさんびっくりしていました。
まだまだ元の生活に戻るまでには時間がかかりそうですが、ワンちゃんに癒されながら、そしてプサコキッチンさんのご飯に感謝して頑張りたいと思います。
いろいろとお気使いを頂きまして本当に有り難うございました。

◆いつもお世話になっております。
本日、商品が届きました。
また、たくさんのわんちゃんのご飯を送って頂き、ありがとうござ
いました。
今度は、気仙沼のショップでたくさん被災動物 を預かっているとの事なのでそちらに送らせて頂こうと思います。
本当にありがとうございました。

◆この度は、たくさんのわんちゃんのご飯とおやつを送って頂き、本当にありがとうございました。
しかし、ニュースなどで報道されている通り、津波の被害が大きかった地区や、原発問題の隣県の福島県など、 まだまだ大変な所はあります。
送って頂いたご飯とおやつは、ちょうど、福島県から避難していらしたわんちゃん連れの方に譲らせていただきました。 動物病院や、ペットショップなどに、まだペットフードが多く届かない今、なかなか手に入りづらく、大変助かりました。
ほんとうにありがとうございました。

◆本当にありがとうございます。
箱を開けた時の驚き!こんなにたくさん入っているとは想像もしておりませんでした。
貴社の暖かい思いやりは、本当に嬉しいです。ありがとうございます。
震災直後は、心も体も張り詰めていましたので、非常時を何とか乗り越える事が出来ましが、 身近な人が、家族や家を失ったりしており、 長い行列に堪えないと、食料品やガソリンが、なかなか手に入らない生活、 度重なる余震に、またいつ強い地震が来るのではないかという恐怖、 福島原発の放射能問題、 ガスが出ないために、何をするにも不便な毎日。 だんだん疲労感が増してきた頃に、このような暖かい思いやりに触れ、大変元気づけられした。
私は、いろいろな通信販売を利用していますが、震災直後に、心のこもったお見舞いメーをいただき、 さらに、こんな嬉しい品を送ってくださったのは貴社だけです。
貴社の素晴らしい経営理念、まわりのみんなにも伝えたいと思います。
ありがとうございます。

◆包みをあけました。こんなにたくさん・・・
こんなにもたくさんのご飯とおやつ。
涙が止まりませんでした。
あふれ出して止まりませんでした。
小さな命を気にかけてくださって、1度注文しただけの私なのに。
正直困っていました。
福島は原発の恐怖と戦っています。毎日毎日、目に見えない恐怖と。
そんな中、この箱は愛であふれていました。
東京にもこんな優しい会社が、優しい方がいるんだと。
本当にありがとうございました。ワンコを大事に育てていきます。
これからも、素敵なプサコキッチンでありますように。
感謝・・・


被災地の方々のご苦労や、やむなく飼い主様と離れ離れになってしまった子、怪我をしてしまった子、毎日怯えて過ごしている子、等まだまだ被災を受けた、か弱い動物達が数多くいる現状があります。
私たちの想像をはるかに超える被災地の状況を少しお伝えさせていただきました。
一人ひとりの力は小さくとも、皆様の思いやりが合わされば大きな力となると思います。
今や家族の一員で欠かすことのできない、か弱い小さな一つ一つの命を思い思い大切に大事にしていきましょう。
今後も非力ではございますが、現地の方々や動物たちの為に必死に活動してくれている方々に共にご協力させていただき、少しでも多くの動物達が少しでも早く穏やかな日常の生活が取り戻せるよう心から願い、少しでも役に立っていきたいと思っております。

                       -Pusako Kitchen-